×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Lカルニチンってどんな成分なの?

Lカルニチンといわれてもどんな成分なのかどうかわかりませんね。Lカルニチンとはそもそもどのような成分なのかといえば、人間の体内で作られている成分なのです。それが、現代人の多忙な生活でストレスを感じることによりLカルニチンは不足しがちになってしまうのです。Lカルニチンはアミノ酸とリジン、メチオニンなどの成分から構成されています。2002年くらいにLカルニチンは医薬品から健康諸君品になったのでご存知の方もかなりいらっしゃるのではないかと思いますがね。それらの成分が豊富に含まれているのはニクでやはり加齢やストレスによって体内でのLカルニチンの生成の量が落ちてくるのです。そして、脂肪燃焼のダイエット効果もLカルニチンは期待されているのです。具体的にいえば、Lカルニチンはブドウ糖や遊離脂肪酸や筋肉を使う上で重要です。ちなみに、海外では、心臓疾患とか運動能力改善に使われていて決して日本のようにダイエット用の健康食品として使われているわけではないです。

Lカルニチンの効果は?

私はダイエット目的でLカルニチンを服用したことがあるのですが、やはり心臓に疾患を持つ方や激しいスポーツをする人以外は効果は期待できないと思いました。実際に、Lカルニチンを服用して朝と晩の40分ずつのジョギングに30分程度の筋トレも行ってみたのですが、Lカルニチンの効果らしきものはありませんでした。(もちろん、運動をした分のダイエット効果はあったのですが…)また、Lカルニチンは中高年以上の方しか期待できないようです。理由としては、Lカルニチンは加齢と共に減っていくものなので、まだ若い方ならば、95%以上のLカルニチンが筋肉の組織中に存在しているのです。つまり、日常生活で十分な量の肉(動物性のタンパク質)を摂取しているならば、体内で合成されるのでLカルニチンが不足するということはないのです。また、Lカルニチンを必要以上に摂取したからといって体脂肪の代謝が増えることはないのです(_ _*)それを身をもって体感できたというのはある意味ではよかったのかもしれませんがね。

Lカルニチンは運動能力の向上に期待できそうです

Lカルニチンでダイエットを私が仕様と思ったのは(私はまだ若いのでLカルニチンの効果が発揮されなかったのですが…)実際に成功した人がいたからでした。その人は50歳の中年だったのですが運動はそれほどしなくてもLカルニチンを摂取して、こまめに生活の中で動いたりして半年で10キロくらいも痩せたのです。さらには、ただ食事制限して痩せるだけっととは違ってあLカルニチンを使ったダイエットは余分な脂肪が筋肉に変わるといった感じの理想的な痩せ方だったようなのでとてもうらやましかったです(^_^;)ただ、何度もいうようですがしっかりと動物性の脂肪であるお肉を必要以上に摂取している人ならば、おそらくLカルニチンが不足しているということはあまり考えにくいと思うので、そこら辺をよく考えてみるのをおすすめします。また、Lカルニチンとαリポ酸を同時に摂取することによって効率よくエネルギーを使うことが出来る上、老化の防止になるので運動能力を促進しようとして飲んでいる方は多いですね。

Copyright © 2007 Lカルニチンって効果は?